Posted by & filed under いも日記.


GUITAR MEETING@横浜ジャズプロムナード♪

本日は横浜ジャズプロムナード初日の目玉イベントの一つ”GUITAR MEETING”に出演。場所は関内ホール(大ホール)にて。

“GUITAR MEETING”は日本を代表するジャズギタリスト宮之上貴昭さんが中心となって宮之上さんのグループ、そして若手ナンバーワンでご機嫌なギタリスト浅葉裕文くんのトリオ、そして私、佐津間純TRIOの3グループが出演し、最後に3ギターでセッションするというジャズギターのお祭り的なコンサート。このような素敵な企画に出演する事が出来てとても光栄で出演が決まってからとても楽しみにしていました。

実は佐津間の出演は急遽決まったということもあって、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、どうしようかと思っていたところ。高橋徹さん(ドラム)、吉田豊さん(ベース)という強力なメンバーが共演してくださることになって、これまたとても楽しみにしていたわけです。お二人には事前に集まってリハーサルもつきあっていただきました♪

リハーサルにて↓

 

さて、本番。

関内ホールの大ホールという素晴らしい会場に沢山のお客様にご来場いただきまして、熱心に聴いていただきました。横浜ジャズプロムナードは、著名なミュージシャンが様々な会場で演奏し、お客様はパスを持っていればどの会場も自由に出入りできるというシステムなのですが、そんな沢山のコンサートがある中でギターミーティングをチョイスしていただいて、熱心に聴いていただけたことは本当に嬉しいことです。ありがとうございました!

浅葉裕文くんはバーニーケッセルをリスペクトする若手正統派ジャズギタリストで、ギタートリオという編成をフルに生かした素晴らしいパフォーマンスでした。音色も素晴らしかった。

そして宮之上貴昭さんのクインテットは百戦錬磨の強者ぞろい、考えてみると宮之上さんのグループで出演していたメンバーの皆ほとんどが僕自身がジャズを聴き始めたころから第一線で活躍している方ばかり…。学生のときピアノの吉岡さんやテナーサックスの岡さんのライブは何度も聴いたし、ドラムの井川さんは僕の師匠の岡安芳明さんと”Blaze Up”というCDを録音していてその音源は僕のバイブルで何度も聴きました。とにかく憧れのスター達が目の前で繰り広げるパフォーマンスは本当に素晴らしいものでした。とくにリーダーである宮之上さんは、演奏はもちろんステージでの立ち居振る舞い、バンドでのリーダーシップは見ていてとても沢山のことを学ばせていただきました。

 

そして、我が”佐津間純TRIO”…。終始楽しく演奏することができました。それは初共演にも関わらず瞬時に佐津間純が目指すサウンドをキャッチして最高の演奏でバンドのサウンドを支え、さらに沢山のインスピレーションを与えてくださった高橋徹さん(ドラム)、吉田豊さん(ベース)のお二人のおかげです。彼らも僕にとっては大先輩で昔からの憧れのミュージシャン。そんなお二人と共演出来てとても嬉しく楽しい時間でありました♪ありがとうございました!

ステージ最後に3ギターで宮之上さんがアレンジしてくださった曲を合奏!共演者総出で大盛り上がりとなりました。

 

この企画を中心となって仕切って、アレンジやその他諸々ケアしてくださった宮之上貴昭さん、そして会場でサポートしてくださった沢山のスタッフの皆様に本当にありがとうございました!お疲れさまでした。

 

またこういう機会があれば良いなぁ〜と思いつつまた気持ち新たに一生懸命ギターを弾こうと思います!

 

 

 

写真いろいろ。

ご機嫌なギタリスト浅葉くんと↓

浅葉くんは、今年の横浜ジャズプロムナードのコンペティションにてグランプリを獲得したそうで、来年デトロイトジャズフェスティバルにも出演するそうです!自慢の弟弟子です♪

 

楽屋で偶然遭遇(フェスティバルの醍醐味ですね)盟友でトラペッターの谷殿明良くん↓

11月14日に谷殿くんとは吉祥寺のメグで久々に共演予定です!バークリー時代からの盟友です。日本に帰って来てプロとして活動を始めてからお互い10年くらい経ちました♪

Comments are closed.